特別な治療を行なう審美歯科や矯正歯科|治療前後が歴然の違い

女の子

本来の歯と同じ働き

治療器具

大人の歯は永久歯となっています。子どものときに生え変わる乳歯と違って永久歯は生え変わることがないので虫歯や歯周病にならないように定期的なケアを行なっておく必要があります。
高槻市の歯医者では、歯を失ってしまったときに人工歯を取付ける治療を行なっています。それがインプラント治療です。歯抜けになっている状態を放置する人もいるでしょうが、虫歯になりやすくなったり、噛みあわせたときのバランスが悪くなってしまったりといういろいろな問題がでてきます。それらの問題を改善するためにも失った歯を取り戻す治療が必要になるのです。高槻市の歯医者では、ブリッジや入れ歯などで対処することも可能ですがそれではしっかりと噛み合わせることが難しくなることや顎の力が分散されてしまいます。
しかし、インプラント治療は人工歯をもともとあった歯根に埋め込む方法になるので従来の歯と同じように噛みしめることができます。見た目も天然歯と変わらないので周囲からもインプラント治療をしていると気づかれることがないでしょう。

高槻市の歯医者で行なうインプラント治療で大切なこととしてCT検査があります。CT検査は3Dのレントゲンを見ることができ、どこに人工歯を埋め込むのか判断することができます。インプラントを埋め込むときには、顎の骨まで穴を開けます。そのときに血管や神経に触れないようにするためや埋め込むのに骨に幅があるのかを調べるために行なわれます。そういった検査をしっかりと行なっている高槻市の歯医者を利用するようにしましょう。